PAGE TOP

  • Dogama (トップバナー)

HOME ≫ ピザ窯 Dogama ≫

石窯の概念を打ち破る[Dogama K3]をあなたに!

あなたは石窯派ですか? 私たちは伝統あるピッツァを焼く石窯を否定するものではありません。
石窯が目指す美味しいピザとDogamaが目指す美味しいピザは同じなのです!
私たちは石窯に負けない焼き上がりの「Dogama K3」で、本格的ピザを手軽に実現できるお手伝いをさせて頂きたいと考えております。(H28.10 K2がK3に生まれ変わりました)

珪藻土ピザ窯『Dogama K3』のおいしさの秘密

5つのポイント【修正】

Dogamaであなたの理想のお店を実現!

0000027101.jpg

実際にピッツアを焼いている動画です


 

低温から高温まで料理にあった温度帯を使用可能なピザ窯です
調理事例をご覧ください

事例は宮崎市 レストラン Barcad'oro(バルカド―ロ)シェフ 鍋倉正裕様の提供です。

「欧風食堂 épice (エピス)」様で、お使いいただいています

0000023872.jpg
小山康成シェフ
温度の上昇が驚くほど早く、立ち上げ時わずか30分で400℃に達します。炉内の温度が安定しているのでお客様をお待たせしません。お客様には大好評で、1日30枚近くやくこともあります。”これがピザ窯なの?”とお客様も驚きながらも楽しんでいただいています。

能登珪藻土研究会にとりましては、地元で第1号窯を導入頂いたエピス様は永久モニター店としての大切なお客様であり、助言を頂く指南役です。リゾートホテルの料理長をされておられた小山シェフの実際にご使用頂いたご意見、ご要望をお聞きしながら、改良を重ねてまいりました。
今後も多くのお客様のご意見を反映できるよう努めてまいります。

URL:http://ouhuu-epice.com

いしかわエコデザイン賞2013 大賞受賞

いしかわエコデザイン賞2013

Dogama K3 の構造

Dogama K3 はコンパクトな1枚焼きのピザ窯ですが、 炉内は500℃まで上げることが可能です。
特製グリルプレートの下に設置するガスコンロでプレートを加熱すると、燃焼ガスが両側の側壁スリットを通して炉内に上がり、
天井部から中央部へ対流することで、 400℃ 2分で石窯に負けない『外はパリッと、 中はもっちり』とした焼き上がりを楽しむことができます。

Dogama K2 の構造

Dogama K3 の基本仕様

基本構成
 1. 本体 (本体、グリルプレート、前蓋、コンロカバー、排気孔調整ブロック)
 2. スタンドキャスター付
 3. 警報付温度計センサー (温度表示器、温度センサー2種)
 4. ガスコンロ (プロパン用、都市ガス用)

 設置条件に合わせて、 お見積りさせて頂きます。
 

0000038785.jpg

Dogama 導入店様 ご紹介

海道・東北地区

 

関東・甲信越地区

 

中部・北陸地区

 

関西地区

 

九州地区